楽天ドッグ市場
ペット用品はやりものランキング

チワワ 飼い方


 チワワをはじめすべての犬は、年に一回の狂犬病の予防接種を受けるように法律で義務づけられています。

 そして、狂犬病の予防接種と同様に各都道府県への登録も同じように義務づけられています。

 狂犬病は恐ろしい病気です。

狂犬病に感染すると、

1.本来の性格を失い、誰にでも咬みつくようになる。
2.100%命を落とす。
3.人間をはじめ感染した犬に咬まれると感染する。

 狂犬病の予防接種を怠ると法律上罰せらます。そして、飼い主に直接健康面で関係してきます。

狂犬病の予防注射は忘れずに毎年実施するようにしましょう。


愛犬ブログランキングに参加中ネ♪

Produced by チワワな日常【飼い方・しつけ情報満載】



 チワワも人間と同じようにストレスを感じます。チワワのストレスは行動にあらわれてきます。

チワワのストレスを表していると考えられている行動は、

1.物をひっかいたり、穴を掘ったりする。
2.同じ行動を繰り返す。
3.あくびばかりする。
4.いつも以上に甘える。
5.攻撃的になる。
6.飼い主を避ける。

 人間もチワワのこれらの行動と似たような行動をしますね。


愛犬ブログランキングに参加中ネ♪

Produced by チワワな日常【飼い方・しつけ情報満載】



 チワワの被毛が夏毛から冬毛(その逆も)に変わる春と秋の年2回の時期のことを換毛期といいます。この換毛期は抜け毛が多く毛玉のできやすい時期でもあります。

 いつも以上にこまめに、コームやブラシを使ってチワワの抜け毛を取り除きます。

 特に梅雨時期に抜け毛を残したままでいると、皮膚トラブルになりこともあります。

 チワワには下毛があり、換毛期の抜け毛は比較的に多いため、最盛期には1日に2回、毛をすいてあげる必要があります。


愛犬ブログランキングに参加中ネ♪

Produced by チワワな日常【飼い方・しつけ情報満載】


 チワワのコーミング、ブラッシングの際には以下の順序で行うことをおすすめします。

首→耳→えりあし→肩→前足→背中→おなか→腰→後ろ足→しっぽ


 チワワの毛をとかしている時にに見逃していたもつれ毛があったら、スリッカーブラシですいてあげましょう。

 1.首から胸は、口元を押さえ、丁寧に上から下へ
 2.耳も丁寧に優しくとかし耳の下側も忘れずに
 3.おなかと脇の下は前足を持って立たせて上から下に
 4.足は飾り毛を上から下に
 5.しっぽは先端部分を持ち、上から下に優しく
   おしりの回りも忘れずに


愛犬ブログランキングに参加中ネ♪

Produced by チワワな日常【飼い方・しつけ情報満載】


 チワワの被毛をブラッシングやコーミングなどで、いつも清潔で美しい状態に保つことをグルーミングといいます。

グルーミングの目的は、
 1.抜け毛や汚れを落とし清潔にする
 2.新陳代謝を活発にする
 3.皮膚や被毛に触れることで全身の健康状態がチェックできる

チワワの健康維持の上で欠かせないものです。

 そしてグルーミングは、チワワとのコミュニケーションも兼ねていますので毎日のお手入れとして、ぜひ習慣づけるといいです。


愛犬ブログランキングに参加中ネ♪

Produced by チワワな日常【飼い方・しつけ情報満載】


 ブラッシングやコーミングの際にはブラシやコームを用いて行います。毛質によってブラシの種類も異なってきますので参考にしてください。

 ・コーム
  金属製のコームがよい。
  荒目と細目の両目のものが使いやすい

   ノミ取りコーム
       ノミ取りコームでしっかり防虫対策
   bamboo care
       スライド式コーム。1本で2つの機能

 ・獣毛ブラシ
  抜け毛をとり、つやを与える。
  豚毛・猪毛のものがよい

   フェアリア 獣毛ブラシ
       硬めの被毛や長毛種に最適。ラバーコーティングでやさしい使い心地。
   DOL獣毛&クッションブラシ M 全犬種
       光沢ある毛並みが特徴的

 ・ピンブラシ
  先端部分が丸くなったピンブラシ。
  ピンと豚毛が裏表についた両面ブラシもある

   掃除機能付き ピンブラシ
       掃除機能がついて一石二鳥のピンブラシ
   グルーマーピンブラシ
       プロが愛用する本格派グルーミングブラシ

 ・スリッカーブラシ
  毛玉をとる時に便利

   スリッカーソフト
       密度の濃いステンレスピンがやわらかく細かく被毛を掻き分ける
   ファーミネーター
       悩みの抜け毛が減少!アンダーコート除去の画期的ツール


愛犬ブログランキングに参加中ネ♪

Produced by チワワな日常【飼い方・しつけ情報満載】


 ブラシやコームで毛並みを整えることをブラッシング、コーミングといいます。

 ブラッシングやコーミングはチワワのフケや汚れ、毛玉の原因になる抜け毛を取り除き、健康的なつやを被毛に与えてくれます。

 犬種に合った適切なブラシやコームを使って、肌を傷つけないようにやさしくブラッシング、コーミングしましょう。

 そして、ブラシやコームは、毛の流れにそって根元から毛先へとゆっくりと動かせば、肌を傷つけません。


愛犬ブログランキングに参加中ネ♪

Produced by チワワな日常【飼い方・しつけ情報満載】


 ボディコントロール中に、チワワが暴れてしまうことがありますが放さないで下さい。

 ケガや病気ではない限り触ったくらいでは痛くないので、鳴いても止めないでください。

 鳴いたら放すことを繰り返していると、さらに激しく鳴くようになってきます。こうなるともういうことを聞かなくなります。

 もし手がつけられなくなった方は、『生き生きドッグライフの入手法』のメールマガジンを参考にしてみてください。

 大事なのは、チワワが力を抜くまで放さないことで、あきらめなくてはならないこともあると教えましょう。


愛犬ブログランキングに参加中ネ♪

Produced by チワワな日常【飼い方・しつけ情報満載】


 チワワを放し飼いにしていると、いたずらをします。特に子犬は好奇心旺盛でいろいろな物に興味を示します。

 チワワの子犬は部屋の中で放し飼いにせずに、必ずサークルの中で飼育しましょう。

 サークルはチワワに安心感を与え、留守中のいたずら無駄吠えトイレの失敗を防いでくれます。

 そして、物の落下や感電によるケガ、誤飲などの事故を防止できるという意味でもサークル飼いがお勧めです。

 放し飼いはチワワの警戒心を育ててしまい、問題行動の原因になってしまうのでやめた方がいいです。


愛犬ブログランキングに参加中ネ♪

Produced by チワワな日常【飼い方・しつけ情報満載】